リップ

リップ○○と種類が豊富で使い勝手もそれぞれ

リップは種類豊富で唇を潤したいときや口紅の下地として使うとき、寝る前に使うときなどその時々で使い分けると魅力的な唇に見せるために効果的です。

リップにはリップスティック、リップグロス、リップクリームがありますが色彩豊かな物もあり1本よりも数本を使い分けると季節や服装に合わせられてとても便利です。

選ぶ基準としては保湿剤が入った物がベストだと思いますが、唇が強い方はそれほど気にしなくても良いでしょう。ただし唇が荒れやすい方は肌にやさしいリップを使った方が唇の荒れなどが起こりにくく、潤いのある唇を保てるので魅力を損なうことがないと思います。

唇が乾燥する理由はさまざまですが唇の潤いが無くなるまで放っておきケアが遅れると回復にとても時間がかかるので荒れる前にケアした方がいいでしょう。

また、唇に残ったリップが原因で荒れることもあります。汚れや食事が付いた状態のリップは雑菌が繁殖しやすく唇にダメージを与えてしまいます。リップは常に清潔な状態で付けておくことを意識した方が瑞々しい唇を保つことが出来ます。リップを使っているのに唇が荒れる方は唇が清潔な状態でリップを塗るようにして下さい。

唇は水分を留めておくことが苦手な場所なので再生にも時間がかかります。食生活が乱れている方は唇の表面が生まれ変わるまで栄養のある食事をきちんと摂り、良質な睡眠を取ることを心掛けてみましょう。

乾燥する季節やエアコンを使用したりして乾燥した場所に居る場合には、加湿器を使って保湿をしたり唇パックをして集中ケアをするなど工夫が必要です。

唇は乾燥した状態が続くと縦じわの原因にもなるので、潤いのある若々しい唇を保つためにもリップを有効的に使うようにしましょう。

Copyright (C) 2013-2018 リップ|リップの種類と使い方 All right reserved.