リップ

唇に残ったリップカラーは唇荒れの原因に!下地にリップクリームを使って保護!

女性を華やかに見せるお化粧の中でもぐっと魅力を増して顔色まで明るく感じさせてくれる、口紅やリップカラー。どんなに顔全体のメイクが整っても、唇が色褪せていると美しく見えないものです。けれども、リップカラーが唇の負担になることも事実。唇というのは顔の他の肌よりも、ずっとデリケートな部分です。

1日中リップカラーをつけていると唇が荒れるのはもちろん、度重なる塗り直しやメイク落としが甘くて微量にリップカラーが残ったりしても、唇にはダメージとなります。唇の荒れを予防するには、メイクの際に口紅を塗る前にリップクリームを塗っておくこと。直に口紅を引くよりは、唇への負担を軽くすることができ乾燥も防げます。

そして使うリップカラーは身体にやさしい原料のものを選びましょう。

メイク落としの時は唇も念入りに、特に口角部分に口紅がこびりついて残りやすいのでしっかりオフします。おやすみ前にはリップクリームで保湿を忘れずに。乾燥がひどい日は、リップクリームを塗った上からラップをして寝ると、翌朝しっとりした唇に戻ります。

また、普段から唇を舐める癖があるとなおさら乾燥しますので、唇は舐めないように気をつけましょう。

Copyright (C) 2013-2018 リップ|リップの種類と使い方 All right reserved.