リップ

唇の皮膚はとても薄く水分や油分を保ち、補う機能がありません

段々と空気が乾燥してくる季節になり、お肌の乾燥が気になると共に、唇の乾燥も気になる方も多いのではないでしょうか。唇の乾燥が酷くなると、唇の皮膚が剥け、酷い方は腫れたりもしますから、できるだけ早い段階で処置したい所です。唇が乾燥する原因は幾つか有ります。

まず、唇は一見すると、厚い皮膚でできているように思いますが、実は唇の皮膚はとても薄く、水分や油分を保ち、補う機能がありません。その為、一度乾燥を放置したままにしてしまうと、加速度的に荒れが進行してしまいます。

乾燥した時に、無意識の内に唇を舐めてしまいがちですが、唾液で舐めてしまうと、唇に残っている水分や油分までも一緒に舐めてしまい、唾液が乾く頃には、唇の乾燥が悪化してしまいます。そして、この季節に多く食べる、みかん等の酸性の強い食べ物や、刺激の強い食べ物。合成洗剤が多く使用されている、歯磨き粉の使用等も、乾燥を悪化させてしまう一因になります。そして、お肌全般にも同じ事が言えますが、睡眠不足やストレスによる、免疫力の低下も荒れを悪化させてしまいますので、気を付けたいポイントになります。

唇の乾燥の原因には、その他にも様々な原因がありますが、皮膚が薄く、潤いを保つ機能が少ない唇ですので、唇の乾燥が気になる方は、処置を後回しにせず、早い段階での処置をお勧めします。

Copyright (C) 2013-2018 リップ|リップの種類と使い方 All right reserved.